CATEGORY 葛の花由来イソフラボン入り きょうの青汁|商品概要と口コミや効果、体験談

葛の花由来イソフラボン入り きょうの青汁
今日の青汁のパッケージ
koushiki2
※医薬品ではありません。
※機能性表示食品です。
※個人差があります。
▼価格
2745円~(1ヵ月分)
▼分類
機能性表示食品(届出番号A420)
▼主原料・主成分
葛の花由来イソフラボン・大麦若葉・桑の葉・京にんじん・聖護院かぶら・和三盆・宇治抹茶・難消化性デキストリン・カリウム・ビタミンC・亜鉛・葉酸・食物繊維・カルシウムなど
▼機能性関与成分
葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg/1日分
▼商品説明
きょうの青汁は、葛の花由来のイソフラボンを含む商品の中では珍しい青汁タイプの商品です。青汁一日分に含まれる葛の花由来イソフラボンの含有量は35mgですので、この類の商品の中では一般的な量といえます。

青汁の特徴としては、一般的なタブレットタイプの商品が、葛の花由来のイソフラボンのみを使用した商品が大半なのに対して、それ以外の原材料や栄養成分がバランスよく含まれているという点です。

タブレットタイプであれば、大抵は葛の花イソフラボンのみですが、今日の青汁であれば、原材料には大麦若葉、桑の葉、京にんじんなどを使用しています。

栄養成分としてはビタミンC、亜鉛、葉酸、食物繊維なども併せて摂取することが出来ますので、ダイエット目的だけでなく、幅広く健康のことを考えたい人にオススメです。

また、タブレットタイプですと、商品によっては1日20粒以上も飲まないといけない商品もありますし、10粒くらいであれば珍しくありません。

その点、青汁は水で溶くだけでよく、味も悪くはないので飲みやすく、続けやすい点も大きな強みです。水以外のもので割ってもいいですし、料理などに混ぜてもいいようなので、飽きずに続けることが出来ます。

▼おすすめポイントまとめ

タブレットタイプと違い様々な原材料や栄養成分が含まれている
1日分に、葛の花由来のイソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg配合
青汁なので飲みやすく、毎日続けやすい
水以外の飲み物に混ぜたり、料理に混ぜても良いので飽きない
1日分ごとに小分けに包装されているので作りやすい
1ヵ月分2745円~と比較的リーズナブルなのでお財布にも優しい

koushiki2

今日の青汁を実際に買ってみました

今日の青汁のパッケージ

今日の青汁の小分けの袋

今日の青汁は、このように1日分が小分けの袋になっているので、青汁を作るのが簡単です。大きな袋に入っていて1日分をスプーンですくうタイプだと、量を測ったりスプーンを洗う手間が増えるので、この方がありがたいですね。

今日の青汁の栄養成分表示

1日分の葛の花由来イソフラボンは35mg、その他、食物繊維などは嬉しい成分の一つといえます。ここは基本的な栄養成分しか記載がないのですが、実際にはこれ以外の栄養成分も含まれています。

今日の青汁の原材料

今日の青汁の栄養成分

このように様々な原材料が使用されており、ビタミン・葉酸・亜鉛など、聞いたことあるような有名な栄養成分もバランスよく豊富に含まれています。

今日の青汁の臨床試験データ

肝心なダイエット効果についてですが、商品と一緒に梱包されていたチラシに臨床試験のデータが掲載されています。12週間で体重1キロ減、お腹の脂肪量20平方センチメートル減少といった結果が出ているようです。

今日の青汁に付属しているダイエットノート

こちらも商品と一緒に梱包されていたもので、ダイエットノートといって、日々の状態を記録できるようになっています。どれくらい体重が減ったのかなどをグラフにして記録できるので、こういったものを見てモチベーションが上がるタイプの人はぜひとも活用しましょう。面倒くさがりな人は、ダイエットノートを付けることで、むしろ、やる気がなくなってしまうかもしれませんので、ご自身の性格に合わせて活用すればいいでしょう。

koushiki2